シリコンバッグ

豊胸手術の1つとしてシリコンバッグを挿入する方法があります。しかし、具体的にはどのようにして手術を行うのでしょうか?ここではシリコンバッグによる豊胸手術のメリット・デメリット、手術方法を合わせて紹介していきます。

脂肪注入

脂肪注入による豊胸手術のメリット!

脂肪注入による豊胸手術は、シリコンバッグを挿入する方法と比べるとバストアップの効果はやや弱いものの、後遺症のリスクが少なく、術後に自然な仕上がりを目指せるという利点があります。また、脂肪注入に使用…

Read more »

脂肪注入による豊胸手術のデメリット!

脂肪注入による豊胸手術は、手術時間が短く費用もそれほど掛からないという魅力があるものの、元々バストサイズが小さい人は、大幅なボリュームアップを期待できないというデメリットもあります。特に、Aカップ…

Read more »

ヒアルロン酸注入豊胸法の特徴とは?

体内に吸収されるのが早く長持ちはしませんが、他の豊胸手術と比べて手軽にできるということで人気のある方法です。注射器を使い、傷はほぼ残らず、体内に存在する成分なのでアレルギー反応も起こしにくいです。

脂肪注入の豊胸手術には入院が必要って本当?!

入院をしなくても日帰りで手術を受けられるクリニックもある

脂肪注入の豊胸手術は、患者の身体へのダメージが少なく、ダウンタイムの期間も短いことから、必ずしも入院をしなくても手術を希望することができます。特に、国内で承認されたばかりの薬剤を使用した脂肪注入の豊胸手術は、肌の状態にかかわらず手術を受けられるため、バストに関する様々な悩みを抱えている患者から人気が集まっています。また、手術に必要な時間は、バストアップを希望する箇所や薬剤の注入量などによって差が出るため、無料相談の際に主治医に説明を受けることがおすすめです。なお、日帰りの豊胸手術ができるクリニックを選ぶにあたっては、術後のトラブルに備えるため、アフターケアの必要性についてもよく確認をすることが重要です。

術後の患部の状態や患者の希望によっては入院できるケースも

脂肪注入の豊胸手術は、ほとんどのケースで日帰りで済ませることができますが、クリニックによっては術後の患部の状態や患部の希望などに応じて、入院の対応をしているところもあります。例えば、一回の手術で使用する薬剤の量が多くなる場合には、術後に腫れが目立ったり、痒みや痛みなどの気になる症状が出たりすることが稀にあります。そこで、入院の必要性について知りたい時には、脂肪注入の手術前に無料カウンセリングを実施しているクリニックを選択することがおすすめです。また、豊胸手術に備えるにあたって、各クリニックのウェブサイトを通じて、入院期間の長さや、入院のために必要な費用の相場についても早めに把握しておくことが肝心です。