脂肪注入による豊胸手術のデメリット!

元々バストサイズが小さい人はあまり効果が期待できない

脂肪注入による豊胸手術は、手術時間が短く費用もそれほど掛からないという魅力があるものの、元々バストサイズが小さい人は、大幅なボリュームアップを期待できないというデメリットもあります。特に、AカップやAAカップの人は、効果が現れにくいだけでなく、注入した脂肪がしこりのように固まってしまうことで、バスト全体の見栄えが悪くなるというリスクもあります。そのため、脂肪注入の豊胸手術に関心があれば、美容外科のベテランの医師と相談をして、費用対効果についてじっくりと検討をすることが大切です。また、カウンセリングを受ける前にクリニックのウェブサイトを覗いて、自分と同じような形のバストの患者の症例写真をチェックしておくのも良いでしょう。

アフターサポートが不十分なクリニックも多い

豊胸手術の方法には様々なものがありますが、各地のクリニックで導入が進んでいる脂肪注入法は、シリコンバッグ豊胸などメスを使った手術と比べて術後のサポートが不十分なクリニックが少なくありません。例えば、術後の仕上がりに不満があったり、痛みや痒みが出たりした際の診察費や治療費などが自己負担となるケースもあります。そのため、術後のトラブルを避けるうえで、前もって各クリニックの契約の内容をしっかりと確認するのはもちろん、実際に手術を受けた人の感想を参考にすることもおすすめです。その他、なるべくお金を掛けずにアフターケアまできちんと行いたい場合には、充実したプランが用意されているクリニックにお世話になることが大事です。